PORTHOLICランニングアームバンド・アームバンドの欠点を見事に解消した痒い所に手が届く逸品!

3 min 237 views
PORTHOLICランニングアームバンド

ランニング時、スマホ・カギ・小銭などを収納する際に使用するランニング用アームバンド。

最近のアームバンドは、アームバンドの中にスマホを入れた状態でも操作できたり、小銭などを入れられる収納スペースが用意されていたりと便利なものが発売されていますが、実際に使ってみると装着しづらかったり、使い勝手が悪かったりと不便なことも多いです。

今回紹介するPORTHOLICのランニングアームバンドは、アームバンドの欠点だった部分が見事に解消され、とても使いやすいものでしたのでレビュー紹介します。

PORTHOLICランニングアームバンドレビュー

こちらがPORTHOLICのランニングアームバンドです。

上に写っているのは付属の延長バンドで、腕が太い方や厚着している際にバンドを伸ばすために使用します。

鍵やイヤホンも収納できるタイプのアームバンドなんだなということはイラストから伝わりますが、細かく見ていくと、「随分とこだわってるな〜!」と感心する仕様・デザインでした。

具体的に紹介していきましょう。

スマホの出し入れがシンプルで簡単!

PORTHOLICのランニングアームバンドを使用していて、まず便利だと感じたのが気軽にスマホをアームバンドから出し入れが可能であるということ。

もちろん、アームバンドに入れたままでもタッチ操作は可能ですが、電話したい時や写真を撮りたい時はアームバンドから取り出す必要がありますよね。

一般的なランニングアームバンドはチャック式のタイプであったり、装着した状態では取り出しづらかったりするケースも多いです。

そして気軽に出し入れできないのが思いのほかストレスだったりします。

PORTHOLICのランニングアームバンドは、腕にアームバンドを取り付けている状態でもスマホを出し入れすることができます。

スマホを使いたくなった時に、すぐに出すことができるのが本当に便利です。

スマホを入れたままでもタッチ操作が可能

もちろんアームバンドにスマホを入れている状態でもタッチ操作は可能です。

もちろんスマホの横面のボタンを押しづらいので、使いやすいかと言われればそこまでではありませんが、メッセージを確認したりといった簡単な操作であればストレスなく操作可能です。

鍵・カード・イヤホンケーブルなどの収納が便利

ランニング時にスマホと一緒に持ち歩きたいのが、家のカギ・ドリンク購入する際のスイカなどのカード、もしくは小銭でしょう。

また、ランニング中に音楽を聞く方であればイヤホンを持ち歩く方も多いですね。(最近はワイヤレスイヤホンの性能が高くなったので、スマホにイヤホンを有線で繋ぐことは少なくなりましたが)

PORTHOLICのランニングアームバンドは、それぞれ専用の、鍵の収納、カードの収納(小銭も入れられる)、イヤホンケーブルを収納が付いています。

下の写真のように、フロント面に鍵とイヤホンの収納。

後ろ側にカードの収納がある仕様です。

カード収納に関しては、上部分にスマホを収納した時に、なんらかの拍子にスマホが抜けてしまうのを防ぐためのカバーがついていますが、そのカバーがそのままカードの抜けを防止する機能にも繋がっています。

ちなみに、小銭を持ちたい派の方は、このカード収納部分に小銭を入れても大丈夫です。チャックはついてませんが、肌に密着する部分ですので落ちることもありませんし、揺れてジャラジャラすることもありません。

腕に巻きやすい工夫に感動

最後にもう一つ。

バンドの真ん中に小さな出っ張りがあるのが見えますでしょうか。

この出っ張りがよく考えられてまして、アームバンドを腕に巻くのをとても楽にしてくれます。

PORTHOLICのランニングアームバンドの腕への取り付け方は、バンドを本体の穴に通し、折り曲げてマジックで固定させる一般的な仕様です。

実は、アームバンドを腕に巻くのは片手で巻く必要があるためそれなりのコツが必要なのですが、スマホの重みで腕に巻いている途中でバンドが穴から抜けてしまい落ちそうになることも多いのです。

この出っ張りが滑り止めとなってくれるおかげで、片手での作業がとても楽になります。

この状態で持てることが本当に楽なのです。

実際に装着して走った感じと日々の使い心地は?

肝心の装着感ですが、一般的なアームバンドと比較して素材が薄いこともあり違和感なく装着して走れています。

まだつけ始めて数回ですので、マジックの劣化に関してはチェック出来ていませんが、マジックの力もそれなりに強いため途中で外れてしまうといったことも今のところはありません。

ちなみにハズレのアームバンドは、走っている途中でマジックが外れてしまうこともありますから、重要なポイントだったりします。

また、素材の性質なのか、洗った時の乾燥時間が少なくて済む様に感じます。私は基本毎日走っていますが、走った後で水洗いして室内で乾かしておけば、翌日には普通に乾いていて使用できるという感覚です。

機能も基本性能も優れてますので、ランニング時の収納ツールのローテーション入り確定です。

lifelog

フルマラソン3時間9分。サブ3を狙って毎月250〜300km走っている市民ランナーです。

カテゴリー:
関連記事