【エア ズーム ペガサス 38 レビュー】ランニングを始めたランナーからフルマラソン完走を目標のランナーにおすすめの一足

4 min 822 views
ナイキ エア ズーム ペガサス 38

ナイキの初心者向けランニングシューズ「ナイキ エア ズーム ペガサス 38」です。

シューズ名に38とあるように、1983年にペガサスが発売されてから38代目という超ロングセラーで、ランニングを始めたばかりのランナーからフルマラソンの完走を目標にするランナーがターゲット。

私は調整ジョグ用に足の負担がかからないシューズが欲しいと思い購入しましたが、実際に履いてみると驚くほどのクッション性があり、安心して走れる感覚を持ちました。

私自身すでにサブ3~サブ3.5のランナーであり、年間3000km前後走っているため、足がそれなりに出来上がっています。そのためランニング初心者目線での体験・感想記事は書けませんが、私のような中堅層ランナーがペガサス38を履いてどう感じたかをレビューしていきます。

ナイキ エア ズーム ペガサス 38 レビュー

まずはエアズームペガサス38のデザインや特徴からお伝えしていきます。ちなみに私はペガサスシリーズを履くのは今回の38が初めてのため、ペガサス37との変更点や比較を書くことは出来ません。

エアズームペガサス38を上から見た写真。上から見ると、くびれが少なく「「ずん胴な印象を受けます。
サイドから見たデザイン。ミッドソールのフォルムはナイキならではの美しさが感じられます

ミッドソールにはナイキ リアクト フォームが採用されます。リアクトを使用することで、価格を抑えつつ、クッション性と反発性を担保し、スムーズな体重移動を実現しています。

ミッドソールの厚み・フロント部分2.8cm、踏まず4.3cm、かかと部分4.2cm程度の厚み
ナイキ特有のかかと部分が跳ね返ったデザインかっこよいですね。また、かかと部までしっかりとアウトソールが貼られているのが確認できます
アウトソール・外側と内側にて異なるディテールが組まれています
耐久性を配慮してか、アウトソールにもしっかりとした厚みがあります
かかと部分
足を入れた際に、かかと全体を固定できるように入り口が狭まって奥に広がりを持たせた作り
かかと周りの素材は厚めの素材が使われており、フィット感が高く安定性を意識したつくりだと感じられます
アッパーには柔らいサンドウィッチ構造のメッシュ素材が採用。履き心地はソフト良いが雨天時に水を吸収しそうな気がする。また正直なところ通気性は優れていません。
重さは27.0cmで280g前後。ナイキのズームフライ3が同じサイズで264g、ズームフライ3よりも15gほど重たい。

サイズ感と履き心地

まず、エアズームペガサス38のサイズ感について。

私はアディダス、アシックス、オン、ナイキなどのランニングシューズを履いていますが、ナイキ以外は26.5cm、ナイキのみ27.0cmを履いています。ナイキのシューズは他のメーカーのシューズと比較してワイドが細身に作られているように感じられる為です。

つま先は余ってしまいますが、紐で調整して走っています。

エアズームペガサス38も他のナイキと同様27.0cmでジャストでした。

履き心地はソフトで柔らかく、足全体を包まれ守られているような感覚に陥ります。そして温かいぬくもりを感じます。

公式では通気性の良いアッパーと書かれていますが、最近のシューズは通気性の良さのレベルが桁違いに高いため、エアズームペガサス38は正直良くなです。

逆に他の通気性に優れたランニングシューズを履いた後でペガサス38を履くと、暑苦しく感じます。

ただし、足の保護や寿命を考えると、エアズームペガサス38のような厚手の素材の方が良いのかもしれません。

また、普段200g前後と軽いシューズを履くことが多いため、280gという重さもそれなりに感じられます。シューズの重みを振り子運動に活かした走り方が良いかもしれません。

走行感

実際に走ってみた感想ですが、シューズを履いてすぐにわかるのがクッショニングの良さ。

特にかかとから着地した際のクッショニングの柔らかさには本当に驚かされました。

ランニングの着地では強い衝撃を受けますが、しっかりと衝撃を吸収してくれることが感じ取れます。

まだ足が出来ていないランニング初心者の方や、ヒールストライク着地のランナーには素晴らしい効果を得られると感じます。

ただ、フォアフット寄りの走行に関しては良さを感じられませんでした。

シューズが柔らかいせいで、本来反発を貰うべきポイントでシューズが曲がってしまい、蹴る力を吸収されてしまうような感覚に陥りました。

フロントが柔らかく一定の力をかけるとすぐに曲がってしまうため、反発を活かした走りが難しい

とは言いつつ、ペガサス38でフォアよりで走っていると、そのあと反発性の高いシューズに履き替えた際に、より恩恵を受けられますので、自分自身の足による反発をトレーニングするという観点では良いシューズだと感じます。

ナイキと契約しているトップランナーが、練習でこのシューズを履くのはそういった事からかもしれませんね。

基本的にはヒールストライクでの着地もしくはミッドフット着地のランナーに合うシューズです。

また、フルマラソンなど長距離を走るレースでは、いかに体力を使わずに前に進められるかがポイントになります。

ペガサス38は重みのあるシューズですので、自らの走力で足を回していくような走り方は向きません。

反対に前傾姿勢で、シューズの重みを活かして振り子のような感覚で足を前に進めていく走り方が適しており、うまくハマると、長く、体力を使わずに走り続けられるシューズだと感じます。

耐久性・寿命

このシューズの耐久性はこれから確認していきますが、厚めのアウトソールやシューズ全体のつくりからしてみて高い耐久性を感じます。

ランニングを始めたばかりの方は、シューズのサイクルを長くしてしまう方も多いはずで、メーカー側も出来るだけ怪我を防ぐ配慮がなされた作りでもあるのでしょうね。

劣化状況については定期的に状況をアップ致します。

まとめ

ナイキ エア ズーム ペガサス 38

ナイキの超ロングセラーシューズであるエアズームペガサス38を紹介してきました。

私の感じたペガサス38は、足をしっかり保護しつつ長く走るためのシューズに仕上がっているということです。

ターゲットはランニングを始めたての方から、フルマラソン完走を目標にするランナー。またはサブ4までのランナーです。

一方すでに足が出来ているランナーに関しては、LSDや緩めのジョグ、また走りたいけど足に負荷を掛けたくない(調整ジョグ)などのシーンで活躍するシューズです。

デザインが気に入れば普段履きやウォーキングシューズとしても良いかもしれませんね。

エアズームペガサス38に向いている方・向いているシーン

  • これからランニングを始めようとする方のエントリーシューズ
  • フルマラソン完走を目指すランナー
  • 普段のジョグやウォーキング

エアズームペガサス38が向かない方・シーン

  • サブ4以上を目指す中堅ランナー
  • マラソンペースよりも早い速度で走るペース走やポイント練習
  • フォアフットでの走行

ランニングシューズとしてのメリット・デメリットはありますが、ターゲットをしっかり絞られたシューズであるとともに、用途においては大活躍シューズです。

lifelog

フルマラソン3時間9分。サブ3を狙って毎月250〜300km走っている市民ランナーです。

カテゴリー:
関連記事