【2XU MCS】話題のショートタイプのランニングタイツ。走りやすさ・サポート・疲労軽減効果に感動

2XU MCS ランニングタイツ

2XU MCSという話題になっているランニングタイツのハーフモデルです。

このランニングタイツを購入し半年ほど着用しましたが、走りやすさはもちろん、素晴らしいサポート効果・疲労軽減効果を体感し、元々はフルマラソンなどのレース用として考えていましたが、普段の練習でもこればかり履くようになりました。

また、2XU MCSをフルマラソンにて着用し自己ベストタイムを更新することも出来ましたのでレビューします。

控えめに言って本当におすすめです!

2XUコンプレッションタイツ MCSランコンプショーツ レビュー

2XUとは

2XUは2005年にオーストラリアで事業をスタートさせた企業で、ツーエックスユーではなく、ツータイムズユーと読みます。ここ数年で日本でも話題になり、日清食品の佐藤悠基選手をはじめとする多くのトップランナーたちがこの2XUを採用しています。また市民ランナーでも2XUを履くランナーが増えてきています。

2XUの代表的なコンプレッションタイツには、MCSとPWXという大きく2つのラインナップがありますが、2XUの大きな特徴は段階着圧による筋肉疲労の軽減です。

優れた段階着圧とともに、上位モデルのMCSには段階着圧とともに筋肉ホールドスタンプといって、筋肉を常に正しい位置に配置する機能が備わっています。この機能によってランニング中の筋肉のブレをしっかりと抑制し疲労軽減につなげる仕組みになっています。

それぞれの商品における特徴は以下となります。

MCS

キャッチコピー 筋肉のブレを抑制する次世代のテクノロジー
機能 【段階着圧】【吸汗速乾】【360°ストレッチ】【筋肉ホールド】【UPF50+紫外線カット】【強着圧】
特徴 筋肉ホールドスタンプ
着圧レベル
使用用途 競技でのパフォーマンス向上
おすすめユーザー 競技者、シリアスランナー
主な機能 裏面のスタンプが運動時の筋肉をホールドし余分な動きを排除します

PWX

キャッチコピー 段階的な着圧を実現する軽量で強力なファブリック
機能 【段階着圧】【吸汗速乾】【360°ストレッチ】【軽量】【UPF50+紫外線カット】
特徴 軽量・サポート・動きやすさ
着圧レベル 普通
使用用途 マルチアクティビティ
おすすめユーザー 一般ランナー、ライトユーザー
主な機能 適切な着圧が筋肉振動を抑制、また血流促進により疲労を軽減します

MCSランコンプショーツを選んだ理由


私自身、コンプレッションタイツは複数保有していますが、2XU MCSランコンプショーツを選んだのは、フルマラソン本番にて良いパフォーマンスを発揮できるタイツが欲しかったことから。

保有しているCW-XジェネレーターモデルC3fitインパクトエアーロングタイツはサポート部位が多くしっかりと足を保護してくれますのでトレーニング時には重宝していますし、勝負レースでなければ、こういった保護力の強いものでOKなのですが、保護力が強い=動きに制限が強くなるわけですから、純粋にタイムを狙っていくのであれば、2XUのMCSやCW-Xのスピードモデルなど走りやすさを追求したモデルが気になります。

かっこよく言うと、守りではなく攻めのコンプレッションタイツが欲しかったわけです。

もう一つ大きな理由が個人的にランニングパンツで似合うものを持っていなかったこと。

先日のマラソンで撮ってもらった写真を見て気付いたのですが、勝負ランパンが似合ってなかったんです。(元々足は長くはないのですが、ランパンを履くとさらに足が短く見える)

これが気になっており、スタイルがよく見えそうなランパンを調達するか、最近流行りのコンプレッションタイツオンリーで走るかの二択となり、試しにコンプレッションタイツで走ってみようという流れとなった訳です。

(コンプレッションタイツオンリーの方が体の線が直接見えるからダメなんじゃないのか?という事案については今回無しで。)

さて、スピードタイプのランニングタイツを選ぶにあたって、ロングタイプにするかショートタイプにするか悩む訳ですが、トップランナーを見ているとショートタイプを履いている方が多くそれが妙にかっこよく見えるので、それを真似てみようとしたのが、MCSランコンプショーツ(ハーフタイツ)を選んだ理由となります。

また、ランニングタイツでタイムをウリにする製品はCW-Xのスピードモデルなどもありますが、CW-Xスピードモデルのロングタイツを保有していますので、違うブランドを使ってみたかったことから2XUを選びました。

MCSランコンプショーツの特徴

2XU MCS
改めて、こちらが2XU MCSのショートタイプ。右足太ももに当たる部分のXの文字が2XUをしっかりアピールしててかっこ良いですね。左足側に2XU MCSの文字が印字されています。


こちら後ろ側。背中側腰の位置にポケットが複数用意されています。

2XU
この後ろ側のポケットが大変便利で、普段の練習であれば鍵や小銭を入れておくのに重宝しますし、レース本番では補給食をここに差し込んでおけます。
また、スマホに関してはiPhoneの中でも一番大きなiPhone11 Pro Maxが真ん中の収納ポケットに大型のがすっぽり収ます。カバー無しだと問題なく入りますし、カバー付きだとキツめだけどなんとか収まるといった感じです。

私はランニング中に、家の鍵、スマホ、小銭を必ず持って出ますが、この収納のみで事足りてランニングポーチなどが不要になったのは本当にありがたいです。

着用感と筋肉ホールドスタンプ

さて、2XU MCSの最大の特徴は筋肉ホールドスタンプという筋肉を固定させる為の機能。

固定させたい太ももの位置にラインが見えているのが伝わるかと思いますが、裏返すと下の写真のようになっています。

この太腿の筋肉に沿って配置された別素材による構造が筋肉をしっかり固定してサポートし、運動中のパフォーマンス向上に貢献してくれます。

着用してみた感想としては、まず着圧はそれなりに高めでフィット感もホールド感もしっかりしています。とは言いつつ、キツいとは感じずこの程度の着圧であれば違和感なく走れるなといった感じでした。

ちなみに私は身長170cm、体重70kg、ウエスト80cm程度ですがサイズはMをチョイスしました。
SとMを試してみたところ、「Sはかなりの食い込みが感じる(肉がはみ出る感じ)」、「Mはちょうど良いと感じられるサイズ」でしたので、店員さんに相談したところ、コンプレッションタイツは迷ったらキツ目をチョイスした方が良いが、はみ出るならMが良いねということになりMをチョイス。

と言いつつ、2XUのサイズ表だと自分の体型だとSサイズ。

自分の体型的にはSの方が良いようにも見受けられます。
ストレスなく履けてるのでOKですけど、Sだったらもっと違う効果が出ていたのかな〜とも思っています。

ちなみに2XUの公式には下記のように記載されています。

2XUのコンプレッションウェアはどのように選べばよいのでしょう?
2XUのコンプレッション衣類は身体に不快に「食い込む」ことなくピッタリとしっかりフィットすることが大切です。「食い込み」がある場合にはサイズの選択を見直しましょう。
特定のサイズ決定には、以下のサイズガイドを参照してください。サイズの境目に近い、あるいはリカバリーを主な目的としてコンプレッションを着用したい場合には可能な限り小さめのサイズを選ぶようにしましょう。

Sは食い込みすぎだったので、やはりMでよかったのかもしれません^^

ハーフタイツでサポートが足りるのか?


さて実際に履いてみた感想の前に、コンプレッションタイツには大きくロングタイプとショートタイプの2種類があるわけですが、ぶっちゃけショートってどうなの?という部分について。私自身、かっこよく見えるからという理由でショートを選びましたが、購入するまではショートで本当に大丈夫なのかという事についてかなり悩みました。

というのがランニングタイツを履き始めて以来、ずっとロングタイプのものを着用しており、膝回りやふくらはぎのサポートに対しての恩恵をかなり受けていたんです。そんな自分がショートタイプを履いてフルマラソンに出たら膝を痛めたり、後半ふくらはぎが攣って痛い目にあってしまうのでは?という不安です。

「サポートで選ぶんだったらロングタイツの方が断然良いに決まっている。ただそれなりに脚ができていてタイムを狙うのであればショートタイプの方がタイムは出やすいでしょうね。」

というのが店員さんの意見で(ごもっとも)、サポート力の強いものはCW-Xのジェネレーターモデルなどを持っているから、今回は試験的な意味も込めてショートタイプに挑戦してみようという流れになりました。

ショートタイプの2XU MCSを履いた感想・レビュー

購入してから半年間、距離では1500kmほど、このランニングタイツを履いて走っていますので、走ってみた感想をお伝えします。

まず一般的なランニングパンツオンリー、またランニングパンツとランニングタイツの組み合わせで走るときには得られない快適さに驚きました。

ランパンは端がヒラヒラしていますので、それが足に当たったり、また汗等でひょんなタイミングから足にくっついてしまい動きを遮られたりしてしまう事がありましたが、ランニングタイツオンリーだとそういったストレスが一切ありません。

また、2XUは膝上のショートタイプはとても軽量な素材で作られていますので、履いている事による重みも感じません。

実際に走り始めてみると足は動かしやすく、気持ちよくストライドを進められます。タイムにこだわるのであれば、ショートタイプの2XU MCSがベストであることを実感しました。

実際に2019年12月の湘南国際マラソンにて、2XU MCSハーフタイツを使用しましたが、タイムだけでみると自己ベストを10分更新して3時間9分で走りきることができました。

もちろんタイムを狙ってトレーニングを積み重ねて本番を迎えたわけですから、2XU MCSを履いたから10分縮まったとは言えませんが、心配していた膝やふくらはぎも問題なく最後まで脚が終わることなく気持ちよく走りきれたことには驚きました。

また、この時はフルマラソンが終わって3日目からランニングを再開しましたので、疲労が軽減されていることも実感できました。

ハーフタイツで対応できない部位の疲れについて

ふくらはぎ周りなど、ハーフタイツでは対応できない部位の疲労度に関しては、履き始めた当時、CW-XジェネレーターモデルやC3fitインパクトエアーロングタイツなどのロングタイプのコンプレッションタイツと比べると残ってしまう感は否めないと考えていました。

しかし、MCSハーフタイツの走行感が最高に素晴らしくて、気づけばジョグも含めてほとんどのランニングで使用するようになってしまったのですね。ほぼ毎日履いているような感覚。

そうしたところ慣れもあってか、ふくらはぎ周辺に対しての疲労はほとんど気にならなくなりました。

また、最近洗濯の都合でMCSハーフタイツが履けない日があり、普通のランニングパンツを履いて走ったのですが、写真の通り見事なハーフタイツ焼け。

このハーフタイツ焼けはちょっと恥ずかしいので注意した方が良いかもしれませんね。笑

とともに、ランニングパンツを履いて走ったことによりMCSハーフタイツの素晴らしさを改めて実感したのが、ふくらはぎのサポート効果。

このサポート効果は非常に強かったようで、ランニングパンツを履いて走った時の走行中・走行後の疲労度は全く異なるものでした。その日のメニューは単なるEペースジョグ10km程度であったのに久しぶりに翌日ふくらはぎ周りを中心に筋肉痛になりました。

私の中で本番でも練習でも2XU MCSを着用するのが主流になり、当面はこのスタイルが自分にとって主流となりそうです。可能であればもう1本欲しいなと切に思う今日この頃です。

以上2XU MCSショートタイプ(ランコンプショーツ)のレビューと致します。検討しているランナーの参考になれば幸いです。

実際に履いたランニングタイツを比較してます

【ランニングタイツおすすめ比較】サブ3〜サブ4ランナー向け・愛用している6足で最も効果を感じたタイツは?
近年、トップランナーやシリアスランナーの中でも、ランニングタイツを履いて走るランナーが増えていますね。 ランニングタイツの効果は、足の負担や疲労を和らげて怪我の防止につなげたり、日焼け対策・寒さ対策など様々ですが、タイムを狙っている中...