早く走れるシューズであえて速度を落として走るってどうだろ?

1 min 67 views
adizero Takumi SEN 5

本日は朝ラン10キロ行ってきました。平日の朝ランは8キロ前後にと決めてますが、昨日雨で走れなかったのと、体の動きも良かったのでオーバーランしちゃいました。

本日の課題は本番目標タイムでのペース走。シューズは本番最有力候補のadizero takumi sen 5。takumiを履くのは2ランぶりです。

4:56、4:52、4:47で入り、このまま4:50で走り続ける目標でしたが、気づくとペースオーバーで4:34。若干ペースを落としても4:40、4:42、4:44とオーバーしてしまいます。

先週末に行ったハーフタイムトライアルでも感じたけど、takumiは普段の走りと同じ感覚で走ってもキロ当たり5-10秒ほど速いタイムが出る感覚があります。

ハーフくらいの距離までなら最高ですが、フルマラソンという長丁場ではこれが吉と出るか凶とでるかは分かりません。どちらにしてもキロ4:40でフルを走りきれる自信も実力もないのは十分に理解しておりますので、4:50に抑えていくレースになる予定です。

最近のコンディションでこのシューズならば、キロ4:50目標であれば少し押さえて走るイメージですから、よく言われるネガテイブスピリット的な考え方が上手く当てはまるような気もします。

ネガテイブスピリット = 前半は抑え気味に走って後半に体力を残す。30キロ位まではそれで耐えて残り10キロで勝負!的な走り方。

ちなみに横浜マラソンの時、このネガテイブスピリットを実践しようとして痛い目を見ています。

ネガテイブな速度でスタートして、キロ5:00前後で走り始めたら最後までネガテイブで終わってしまったという流れでした。笑

横浜マラソンでは途中首都高速を走るんですけど、首都高の緩やかに長く続く坂道と傾斜にやられてしまい、その後スパートをかけるなんて考えられない状態。

ゆっくり走り始めて、途中でダウンし、最後までゆっくり走り続けた満足度の低いレース。良い経験になりました。苦笑

板橋cityマラソンは昨年走ってて、ダメージを食らいそうな坂道もありませんし、今回の場合は速度を抑えて4:50を継続させるイメージなので、横浜とはちょっと違うはず。

なんて考えてます。

lifelog

フルマラソン3時間9分。サブ3を狙って毎月250〜300km走っている市民ランナーです。

カテゴリー:
関連記事