プロのマラソンランナー岩出玲亜さんの練習に混じって走るイベントに参加

織田フィールド ランニング日記

MGCにも出場したオリンピックでメダルを狙うガチなトップランナー岩出玲亜さんが突然発表したイベント、【岩出玲亜さんの「いつも通りのトレーニングにみんなが参加」】という企画に参加してきました。

具体的にどんなイベントかと言いますとこちら。

岩出玲亜 on Instagram: “9月27日(金)⭐️織田フィールドでイベントやります . 他と違ったランニングイベント🌱 私のいつも通りのトレーニングにみんなが参加 . 19:00 スタート 各自w-up を済ませて 18:50 までにスタート地点へ集合し開催 私が全てペースメークはします .…”
2,399 Likes, 66 Comments - 岩出玲亜 (@reiaiwade) on Instagram: “9月27日(金)⭐️織田フィールドでイベントやります . 他と違ったランニングイベント🌱 私のいつも通りのトレーニングにみんなが参加 . 19:00 スタート 各自w-up を済ませて 18:50…”

イベントの2日前の9月25日にこのツイートがインスタグラムに上がったのです。

私のランニングスタイルは基本ぼっちラン(一人ぼっちで走ることをぼっちランという)で、どこかのチームに所属していませんし、練習会にも参加したことがありません。参加してみたいな〜という気持ちはあるものの、ちょっと敷居が高くて眺めているだけでした。

しかし今回は話が違います。

岩出玲亜選手といえば先日行われたオリンピック選考会であるMGCに出走した日本を代表する現役のマラソンランナーです。MGCでは良い結果は出ませんでしたが、まだ残り1枠のチャンスは残っているわけで、東京オリンピックの代表選手として来年走っている可能性も十分にある選手。

それとともに、先日のMGCで生の岩出玲亜さんの走りを見て個人的にファンになっていたんですよね。順位としては出走選手の中で最下位で終わってしまったのですが、最後ゴール手前では応援の人たちに笑顔でハンドタッチ。

このサプライズに、観客の嬉しそうな表情がとにかく印象的でした。

この数年間MGCに全てをかけてきたわけですから、本心としては悔しくて笑顔なんて出せる精神状態では無いはず。そんな状況にも関わらず、最後はプロとしてファンを楽しませることに徹したのですから本当に偉大です。

これ見てファンになりました。

MGCでは様々なシーンが話題になりましたが、個人的に印象に残ったシーントップ3に入ったのが岩出選手のハンドタッチです。

最後の1枠なんとか勝ち取ってオリンピックに出ていただきたい。

そんなオリンピックを狙う現役プロランナーと一緒に練習ができる機会なんて滅多に無いわけで、イベントのツイートを見た瞬間、このイベントは参加しようとスケジュールと体調の調整に入りました。

スポンサーリンク

岩出玲亜さんの「いつも通りのトレーニングにみんなが参加」イベント

今回のトレーニング内容は以下の通りです。

ーーー
8000mを開催(3’40〜3’35)
後半ペースはやや上がるかもしれません。
1000mや2000mまで参加も可能
1000mおきなど途中参加も可能
最後のダウンジョグや写真撮影のみも可能
(途中参加の方は集団後方からお入り下さい)
ーーー

そもそもの話ですが、私はこのペースで走れません。(きっぱり)
これまでの自己新で1km3:30というのが自己ベストでして、1km単位のインターバルを行うときでも3:50〜4:00前後を設定しているレベル。
自己新に近いペースで8000mを走りきるなんてこれまで挑戦したことも考えたことも無いトレーニングです。

ですので、8000m完走ではなく、付いていけるところまで頑張って付いて行こうというスタンスで参加することに決めました。

練習開始は19時で、その前に各自アップ。
織田フィールドのトラックを4周ほど走りました。


テンションが上がっているのか、その日のシューズがよかったのか(ネクスト%)、体の動きは良く、そこそこのペース維持で走れそうな気がしました。

スタート地点に参加者が集まってきました。

多くの参加者が一人参加で、仲間同士で参加されているのは数組といった感じです。

19時になりました。いよいよスタートです。
私は岩出選手の後方5列目くらいの位置、岩出選手が見える場所で走り始められました。

スタートして400m前後、これくらいのスピードならなんとか一緒に走れるかな、どうかなという感覚。

しかし、ガーミンを見てみると

3:38/kmペース。絶対にやばいやつ。
心拍も気持ちよく右肩上がりで上昇していき、


2周目800mのタイミングで184という自分の最大心拍に近い数値まで上昇。

あとはどこまで耐え続けられるか。
1kmはギリギリ行けそう。
1kmで抜けようかとも思いつつ、1kmで抜けてしまったら普段のぼっち練で行なっているものとなんら変わらないので、なんとか3kmを目指そう。
そう決めて、走り続けました。

ちなみに感覚値ですが、3:20/kmペースまで上がっていくと、3:35/km前後ペースが緩く感じる感覚がありました。この辺りのペースで上がったり下がったりしていまして、普段ならただただ全力で走っているようなペースであるにも関わらず、そういった感覚を得られたのは一つの成果物かもしれません。

ピークは3〜4周(1200〜1600m)あたりでやってきました。
足はまだ動くものの、心拍がとにかくキツイ。

4周終わったタイミングでは抜ける事しか考えられなくなり、最後1周(2000m)を区切りとして一旦抜ける流れになりました。

一度抜けたあとは、一度呼吸を整えて(岩出選手たちが2周している間なので160秒程度)、また最後尾に付いて走り出します。
しかし2度目以降は自分を追い込むことが出来ず、1000m走ったら休憩、また1000m走って休憩を繰り返す事しかできませんでした。


本来はこの中を走っているので撮れない写真^^;

結局8000mの練習会で私が走れたのは2000m + 1000m×3本の合計5000mでした。

8000mが終わったあとはみんなでダウンジョグ。

ダウンくらいは最後まで一緒に走ろうと一緒に付いていったところ、

ダウンではなく流し・・・

しかも流しがとにかく早い。

ここで再度心が折れて、再度離脱。

そんな練習会となりました。

最後は皆さんで記念撮影。

View this post on Instagram

. 第1回 他と違ったランイベント💖 無事先程おわりましたー😆❗️ 2日前告知でどれくらい集まるかな〜? という感じでしたがビックリ✨ みんなあたしのトレーニングに 付き合ってくれてありがとうございました😊 私が一番楽しかったし凄く良い練習になったよ!! . 8000m🌱 3.38-3.38-3.38-3.38- 3.32-3.33-3.29-3.14- . ペースもリズムも安定してて神ってたね👍笑 なかなか合宿等で地方に居ることが多く 定期開催は難しいですが 色々なところで開催して行きたいと思いますので 皆さん今後共一緒に楽しく強くなっていきましょう💪💖 . . #楽しく#強く#ランニング #イベント#織田フィールド #みんなありがとう #私の練習にみんながついてくる #参加費は自分で考える #新しい#ランニングイベント #このイベントの名は‥ . #アンダーアーマー#岩出玲亜

A post shared by 岩出玲亜 (@reiaiwade) on

しかし、この中に私は写っておらず。

どこに消えていたのか、、

この練習会に参加して、最後まで走りきれなかったのは悔しいのですが、これまでの自己最速に近いペースで5kmを走れたのは、自分の今の実力を知る意味でも大きな収穫だったと思います。

こちらが最終的なデータ。

これまで3分台が2つ並んだことすらありませんでしたので、眺めると気持ち良いです。

自己新も出ていました。

1kmと5kmです。

もちろん1kmは承認。5kmは途中で休みが入っているので、却下で処理しました。

素晴らしいイベントを企画してくれて本当に感謝。また企画してくれたら嬉しいです^^