板橋Cityマラソン前夜

2 min 90 views

明日はいよいよ板橋Cityマラソン。

この1年間、昨年の板橋cityマラソンで力尽きて走れなくなった時のことばかり思い出してきました。

走っている途中で何度も足が攣り、動くのが必死の状態でもがき苦しみながらゴールしたこと。自分が掲げた目標に全く届かず悔しくて泣き続けたこと。

この悔しさを克服するために走ったレースが昨年の横浜マラソンと湘南国際マラソン。

2レースとも記録は更新できたけど、板橋での嫌な記憶が強く消すことができませんでした。

結局のところ苦しみを味わった板橋で勝たなければ、ダメなのだと思います。

明日のレースで一年間つきまとわれた嫌な記憶から解き放たれて次のステップに行きたいです。

先日書きましたが板橋Cityマラソンの目標はサブ3.5。

作戦などは無く、とにかく淡々とキロ4:50を積み続けていくだけ。

はっきりいって今の自分にサブ3.5の力はありません。

下は今回の目標とこれまでのレースの結果を並べたもの。

不安しかないです。

過去の結果を見ていると、目標が無謀だとしか思えません。

また去年と同じ過ちを犯すのかと。

でも去年と同じ目標に挑戦しないと、悔やまれる気がするのです。

根性という言葉があります。

根性は神様がみんなに平等に与えてくれるポーションです。

ポーションの効果はこれまでの努力に比例します。

頑張って努力を積んできたものには効果の強いスペシャルポーションが与えられますし、逆に努力を積んでこなかったものには大して効き目のないポーションが与えられます。

去年貰ったポーションでは、走ることは出来ませんでした。

なんとか一歩ずつ前に進むだけの力しか貰えませんでした。

この一年で約2200km走りました。走る以外にも必要なことは可能な限り取り入れてきました。

12月に膝を痛めて1ヶ月間棒に振りましたが、リカバリは出来たし、スピード・体力共に過去最高の状態には持ってこれました。

続けてきたトレーニングが価値のあるものであれば、今回はスペシャルなポーションが貰えるはず。

去年よりきっと前に進めるはず。

明日の板橋以降、一切レースの予定は考えていません。

とにかく明日。

悔いだけは絶対に残したくない。

中途半端な走りするなら、途中で壊れて棄権したのほうがマシだと思う。

今年は勝って泣く。

リベンジ。

明日、全てを出し切ります。

余談
予定ペースで走れたら38キロ地点で、陸王 Jupiterが流れるように仕込みました。
自分から自分へのスペシャルポーションです。

lifelog

フルマラソン3時間9分。サブ3を狙って毎月250〜300km走っている市民ランナーです。

カテゴリー:
関連記事

1 件のコメント