【ターサーエッジ レビュー】抜群のクッション性とグリップ力でサブ3を目指すランナー向けのランニングシューズ

ターサーエッジ ランニングシューズ

踵から着地すると柔らかいクッションでしっかりと衝撃を吸収し、その後一気に前に出る反発力を与えられる。フォアから入ってもスムーズな反発で前へと進んでいけると感じたシューズ。ターサーシリーズの最新モデルであるターサーエッジ(TARTHER EDGE)です。

「TARTHER(ターサー)」シリーズは、1983年の誕生以来、日本人ランナーの足にフィットするシューズを常に目指して開発し続けられ、初代ターサーから始まって今回発売されたターサーエッジはなんと36代目のモデル。常にサブ3を狙うランナーに向けて品質を改良し続けています。

直近のターサーシリーズはターサージール4→5→6とアップデートしてきましたが、今回ターサージール7ではなくターサーエッジとして発売されました。現在はターサージール6と並行で販売されていますが、いずれはターサージール6が無くなりターサーエッジのみの販売になると言われています。

しかし、ターサーエッジを履いてみると、ターサージール6の後継という感覚ではなく、新しいターサーシリーズが立ち上がったように感じられるほど、様々な部分で変更が入っています。

個人的な感覚としては良くなった部分もありつつ、よかった部分も削られたという感覚でしょうか。

今回、ターサーエッジを入手して、30km走を含む試走を行なってきましたのでターサージール6と比較しつつレビュー致します。

スポンサーリンク

ターサーエッジ レビュー

ターサーエッジ
ターサーエッジはサブ3を狙うランナー向けの本格的なレーシングシューズとして、2019年8月に発売されました。以下はアシックス公式サイトより引用となります。

軽量化にさらなる進化をもたらした、サブ3を狙うランナー向けの本格的なレーシングシューズです。アッパーには、人工皮革で補強したメッシュ構造を採用し、軽量性を追求。ミッドソールには、反発素材であるFLYTEFOAM™ PROPELを採用。やわらかい履き心地とホールド感に優れるかかと部分には、「虎」と「走」の文字を左右にデザイン。接地時の安定感をもたらすフラットなアウターソールには、しなやかな屈曲性と推進力のパワー伝達を行うトラスティックを内蔵し、デュオソール意匠は、配置幅と方向を見直すことで、さらなるグリップ力を追求しています。ウイズタイプはスタンダード。

引用元

それでは細かく見ていきましょう。

足入れ感

ターサーエッジの足入れ感
アシックスのランニングシューズといえば形状が日本人の足に適していることであり、足を入れた時のフィット性が他と比べて群を抜いていることですが、今回のターサーエッジも素晴らしい足入れ感でした。

同社のターサージャパン、ターサージール6とで比べるとターサージール6に近いイメージがあり、全体的にしっかりフィットしているけどキツいわけではなく指周りには遊びがあり当たる部分もありません。自分の足の一部になっているようなフィット感を得られます。

なお、ターサージール6とターサーエッジで比べると、若干ターサーエッジの方が同じサイズでも緩く感じます。この差は、ターサージール6の仕様であるADAPT MESH(アダプトメッシュ)がターサーエッジには採用されていことから生じる差だと感じます。


ADAPT(アダプト)とは、「適合させる、順応する」という意味。軽い上に自然なフイット感があるので、自分の足と一体化している感が高く、履いててストレスやシューズ形状における違和感を感じにくいシューズに仕上がっていました。

アダプトメッシュは気に入っていましたので残念。個人的にはターサージール6のフィット感の方がが好きかもしれません。

とは言いつつも、実際にターサーエッジを履いて30km走ってみましたが、履き心地は素晴らしく、また、指・爪を含め足回りで痛めた部分はありませんでした。合わないシューズの場合、20kmも走ると爪を痛めたり、皮がむけてしまったりと何らかの外傷が生じますので、この辺りからも自分の足に合っているということを実感できました。

写真の通りシューズの内側にもアシックスシューズならではのラインが入りましたが、このラインは飾りではなくブレを抑える補強材の一つです。この補強材により使い続けていってもアッパーが内側に潰れていきづらくなります。

重量

ターサーエッジの重量
続いて重量ですが、ターサージール6と比較して重量が増えました。
実際に測ったところ、26.5のサイズで「左が189g」、「右が195.5g」。ターサージール6が「162g」・「165g」でしたので、25〜30gほど重たくなった事になります。
もちろんターサージール6とその場で持ち比べたり履き比べれたりすれば重く感じますが、ターサーエッジ単体で履いて走ってみるとフィット感が高いこともあり、履いてて重さを感じることはありません。

ミッドソール


ターサージール6と比べて大きく変わったのがこのミッドソール部分です。
ターサージール6では「Flyte Form」と呼ばれる軽量性を重視した素材が採用されていましたが、ターサーエッジではより反発性とクッション性を重視した「Flyte Form Propel」が採用されています。このFlyte Form Propelにより足が地面に着地した時の力を推進力に変えて滑らかな走りとスピードを生み出すとのこと。
ちなみにFlyte Form Propelを採用する事によって、ターサージール6と比べて重量が増えたとも言われています。軽さではなく、反発性を採用したという事でしょうか。

なお、ターサーエッジでの走り心地についてやわらかく弾むような感覚が何かに似ているなと感じていたのですが、Flyte Form Propelは2019年2月に発売されたメタライドにも採用されている素材でした。

メタライドは長距離を走っても疲れづらいシューズで話題ですが、まさしく私の中でもLSDや疲労抜きランで履くシューズとして大活躍中です。

【ASICS METARIDE(アシックスメタライド)】30km走や3時間LSDを含む150km走ったのでレビュー!疲れづらさは只者じゃない!!
2019年の東京マラソンで発表されたアシックスの最新ランニングシューズ、メタライド(ASICS METARIDE)。ランナーが少ない力でより長くより、楽しく走ることを可能にしたシューズで、長距離ランに対しての負荷を軽減してくれるということで...

現在、400km近くメタライドで走行していますが、私の中でメタライドのクッション性と反発性はお墨付きで、この性能がターサーエッジにも採用されているのであれば安心できます。

シャンクの形状


続いてシャンク部分の形状変化について。
写真左がターサージール6、右がターサーエッジですが、ターサージール6のシャンクがN字型であったのに対し、ターサーエッジではV字型になりました。

ターサージール6のN字型だと捻れを抑えてくれ安定性が高くなりますが、ターサーエッジでV字型になった事により、N字型と比べ自由度が生まれる形状です。この形状変化によって捻れに対しての自由度を増しているのだと感じます。

デュオソール部分の変更


さて、アシックスのレーシングシューズといえばデュオソール。このテトラポッドのような形をした樹脂製のツブツブによって地面をしっかり噛んでターサーならではのグリップ力を生み出してくれるのですが、ターサーエッジになってこのデュオソールの形状が大きく変化しました。


写真左がターサージール6、右がターサーエッジですが、デュオソールの外側がかかと方向まで伸びています。この位置は一般的な着地場所に対しての配慮がされており着地した瞬間から地面を捉えてくれます。
先日自分の走りを動画で撮影してみましたが、地面への着地時に足が水平に降りてくる訳ではなく、外側から着地して内側に捻るような走りをしておりましたので、少なく自分の走りにはフィットしていることが確認できました。

走ってみた感想

30km走を含み70kmほどターサーエッジで走っていますが、まず感じたのが「ターサーはサブ3ランナーが履く玄人向けシューズ」という印象があるにかかわらず私のようなサブ3.5ランナーでも十分に履きこなせた事に驚きを感じました。

例えばアディダスのアディゼロ匠戦やターサージール6などは、ハーフまではなんの迷いもなく履けるシューズですが、フルマラソンで履こうとすると私レベルではかなり悩みます。これらのシューズは軽量化を重視しており、その分クッション性は弱くなっていますので長時間の走行になると足に疲れが蓄積されやすいためです。

私はフルマラソンで履く予定のシューズで30km走を行なって実際のレースで使う使わないの判断をしていますが、ターサーエッジを履いて30km走ってみたところ、8月ということもあり体力的にはかなりダメージを受けましたが足は終わっておらずまだまだ走れる状態でした。


5:00/kmイーブンを意識して走り、最後まで落とすことなく走れています。

この走行では、ヒールストライクにより踵から落としてターサーエッジのクッションとバネを活かして走らせてもらうことを意識しましたが、ターサーエッジの持つクッション性が足の疲れを軽減に役立っている事が実感できました。

今シーズンのレースでしっかりと活躍してもらいたいと思います。