記事内には広告リンクやPRが含まれます

On Cloud 5 Waterproofをレビュー!ランニングでも雨の日用でも最適な最強スニーカー

5 min 707 views

スニーカーのなかには、さまざまな機能を持つハイテクスニーカーがたくさんあります。防水機能、履き心地を楽にしてくれる機能、衝撃を和らげる機能など備わる機能もさまざま。

On Cloud 5 Waterproofは、そんなさまざまな機能を備えた人気のハイテクスニーカーです。

今回は、そんなOn Cloud 5 Waterproofの外観とサイズ感、良いところとイマイチなところについてレビューしていきます。

On Cloud 5 Waterproofの外観とサイズ感

On Cloud 5 Waterproodは、メンズ用のハイテクスニーカーです。楽に履けて、色々な用途で使えるのがスニーカーのいいところ。デザインとサイズ感も、もちろん大事です。そこでまずは、On Cloud 5 Waterproofの外観とサイズ感について紹介しまs。

外観

On Cloud 5 Waterproofの側面には、「on」のロゴが入っています。このロゴはパッと見ではブランドロゴなのか柄なのかわかりにくいですが、そこがOn Cloudのスニーカーのいいところです。

誰が見てもロゴと一瞬でわかるようなデザインのロゴが目立つところにあると、見た目が派手になってしまいます。

派手なスニーカーもかっこいいですが、合わせる服装に迷ってしまいがち。

一方On Cloud 5 Waterproofは、比較的地味なデザインです。オールブラックやオリーブ/ブラックなどの色を選べば、さまざまなファッションに合わせられるデザインになります。

カラーバリエーションは5色展開。

  • コバルト/グラシエル
  • オリーブ/ブラック
  • オールブラック
  • グラシエル/ホワイト
  • マスタード/ロック

少しわかりにくい名前ですが、メインカラーは左側に表示されている色です。

コバルトは水色、マスタードは黄色となります。グラシエルは若干シルバーっぽい色です。オリーブはファッションではよく色の名前として使われるので、わかりやすいでしょう。

地味な色だけでなく派手めな色もあるので、選択肢が広いのもいいところです。

サイズ感

メンズのサイズは、25~32まで幅広く用意されています。

サイズ感は、一般的なスニーカーよりも少し小さめです。同じサイズでも、幅が狭く感じられます。しっかりとフィットするタイプです。

普段履いているサイズよりも、少し大き目がベター。足の幅が広い方なら、1㎝大きくしてもいいくらいです。普通の方なら、0.5㎝程度大きくすると窮屈さを感じにくくなります。

ただ、タイトではあるものの圧迫感は弱いです。しっかりと結ぶ布タイプの紐ではなく、伸縮性の高いゴム紐を使っているのがいいところ。

Onのこのシリーズはシューズを履きやすくて重宝します。

On Cloud 5 Waterproofの良いところをレビュー

On Cloud 5 Waterproofの外観とサイズ感について、紹介してきました。ここからは、On Cloud 5 Waterproofの良いところについてレビューしていきます。機能性や履き心地などが気になる方は、ぜひご参考ください。

防水素材だから雨の日でも安心

On Cloud 5 Waterproofには、防水素材が使われています。

表面素材は約40%が全ポリエステルで、そのうち90%が再生ポリエステル。これ自体は再生ポリエステルを使っておりエコなくらいで、防水性にはそこまで影響しません。

大事なのは、他の部分。通気性が高い防水素材を使用しており、雨の日でも内部は濡れにくくなっています。

足首から浸水するような場面ではどうしようもないものの、雨の中で傘をさしているときに気になることはありません。

そのうえ、反射材もしっかり使われているので、雨の日などの暗いときでも安全にランニングしたり歩いたりできるのがいいところです。

足裏への負担が軽減されて楽に歩ける

On Cloud 5 Waterproof最大の特徴が、クラウドテックと呼ばれるソールです。

地面に着地した際に空洞が圧縮されるように、作られています。この圧縮によりクッション性が生まれ、足裏への負担が軽減される仕組みです。そのうえ、圧縮された空洞部分が元に戻ろうとする反発力を生むため、次の一歩が軽くなります。

総じて、地面を蹴るのが楽だということです。

さらに、この空洞を生む部分がブロック状に分かれています。これにより、縦・横・斜めのどこから着地しても安定するのもいいところです。

Cloudという製品名の由来にもなっている「雲の上を走るような感覚」というのを、しっかりと実感できます。歩くのも走るのも楽なので、通勤用の普段使いの靴としても最適です。

普段のランニングでも旅用でも使いやすい

クラウドテックソールのおかげで、楽に歩けるのがOn Cloud 5 Waterproofの最大の特徴であり、いいところです。

長時間歩いても足裏がジンジンと痛むことがあまりないので、旅用としても使いやすくなっています。旅行先では普段よりも歩くことが多くなるもの。当然疲れはしますが、足裏の負担は軽減されるので歩くのが億劫ではなくなります。

仕事で長時間外を出歩くことがある人にも、おすすめです。

さらに、走っても楽なので普段のランニング用としても使いやすいと感じます。空洞の圧縮と反発による軽やかさもあり、走りやすいです。

ランニング後に足裏の疲れが残りにくいので、ランニングを継続させやすいのもいいところ。

Onにはランニングに特化させたシューズも複数販売されておりますが、雨天時の練習には全く問題ありません。

イージーシューレースシステムが楽

On Cloud 5 Waterproofには、イージーシューレースシステムという機能が備わっています。

システムと名付けられていますが、要はゴム紐です。ゴム紐で簡単に脱ぎ履きができ、それでいて足にしっかりフィットするというのが売りになっています。

実際、脱ぎ履きするときの感覚はスリッポンのような感じです。靴ベラなどは全く不要で、手で押さえながら履くという動作も要らないほどに簡単に脱ぎ履きできます。靴を頻繁に脱ぎ履きする日本人には、ありがたい機能です。

さらに、一般的な紐も付属するのが嬉しいところ。たとえば徒歩用ならイージーシューレースが便利ですが、本気で走るならゴム紐の伸びによる遊びが気になります。走るときには普通の紐をつけてしっかりと結ぶことで、遊びが少なくなるのが魅力。

用途に合わせて紐を選べるのは、ありそうであまりなかったいい発想です。

さまざまなコーデで合わせられるデザイン

デザインについて詳しくは先述しましたが、このデザインもOn Cloud 5 Waterproofの魅力のひとつです。

ハイテクスニーカーは、派手なデザインのものが多い傾向があります。ランニングウェアと合わせるならいいものの、普段着と合わせると靴が浮くのが難点です。

一方On Cloud 5 Waterproofは、デザイン自体は比較的シンプル。色によっては、ロゴも全く目立たなくなります。

幅広いファッションに合わせられるデザインです。

通勤用の靴として、スーツに合わせる人も少なくありません。スーツでもカジュアルファッションでも、ランニングウェアでも浮くことがないので使いやすいです。

On Cloud 5 Waterproofのイマイチな点をレビュー

ここまで、On Cloud 5 Wateproofの良いところについてレビューしてきました。機能性が豊かで歩きやすく、いいスニーカーです。

ただ、イマイチだと感じる部分も少なからずあります。今度はそんなOn Cloud 5 Waterproofのイマイチなところについてもレビューしていくので、ぜひご参考ください。

夏は蒸れる可能性がある

防水スニーカーの宿命ですが、夏はどうしても若干蒸れ気味になります。

通気性がいい素材が使われてるとはいえ、通気性を高め過ぎると防水性能が低くなるのが難点。On Cloud 5 Waterproofは、通気性の良さと防水性能とのバランスをうまく取っている形です。

防水特化でもなければ、通気性特化でもありません。傘をさしながら雨の街を歩いても問題が無い程度の防水性で、普通に快適な程度の通気性があります。

ただ、雨の日や夏には少し蒸れてしまうことがあるので注意しましょう。

付属の紐ナシだと踵部分が少し緩い

On Cloud 5 Waterproofは、イージーシューレースで使っているときの脱ぎ履きの楽さが魅力です。フィット感も、脱ぎ履きが楽なスニーカーとしてはしっかりしています。むしろタイトなくらいです。

ただ、踵部分だけが少し緩く感じられます。足の形や人にもよるところではありますが、脱ぎ履きのしやすさを担保するためにある程度緩く作られている可能性が高いです。

足先はタイトなのに踵が緩いので、少し気になります。

付属の紐を使うと気にならなくなるので、踵の緩さが気になった場合は付属の紐をつけましょう。

ランニングシューズより少し重い

On Cloud 5 Waterproofは、片足250g程度の重量です。

防水機能などが付いたハイテクスニーカーとしては、非常に軽い部類に入ります。たとえばサロモンのXA PROは350g近い重量で、重いです。ほかのハイテクスニーカーも300gは超えてきます。

そのため本製品は、ハイテクスニーカーのなかでは軽いです。

ただ、ランニングシューズよりは少し重くなっています。防水機能などが備わっているので仕方がない部分ですが、ランニング用と割り切って購入するには少し重く感じるのが気になるところです。

普段使いとランニングのどちらにも使える汎用スニーカーが欲しい、という方にはおすすめ。

On Cloud 5 Waterproofはこんな方におすすめ!

  • 雨天時にも快適にランニングがしたい方
  • 重量が軽めの防水スニーカーが欲しい方
  • 旅行用に疲れにくい靴が欲しい方
  • 汎用性の高いスニーカーが欲しい方

On Cloud 5 Waterproofは、以上のような方々におすすめです。重量がハイテクスニーカーとしては非常に軽いので、軽めの防水スニーカーが欲しい方にはぴったり。ほかのスニーカーで重いと感じた方でも、全く問題なく使えます。

さらに、長時間歩いても疲れが残りにくい設計の靴なので、旅行用などにも最適です。

そして何より、汎用性の高さが魅力的。

また、アウトドアでも活躍します。

さまざまな用途で使えるスニーカーが欲しいなら、非常におすすめです。

まとめ|汎用性が高いハイテクスニーカー

本記事では、On Cloud 5 Waterproofについてレビューしてきました。

良いところもあればイマイチだと感じてしまう部分もありますが、総じてクオリティが高いスニーカーです。雨の日でも内部が濡れない程度の防水性があり、通気性があるので防水スニーカーとしては若干蒸れにくいのがいいところ。

足裏の負担を軽減しながら軽やかに歩ける設計や、簡単に脱ぎ履きできるのも非常に魅力的です。

高機能で汎用性が高いスニーカーを探している方には、最適なスニーカーですよ。

lifelog

フルマラソン3時間9分。サブ3を狙って毎月250〜300km走っている市民ランナーです。

カテゴリー:
関連記事