ガーミン235J購入後5ヶ月のレビュー/フル距離完走+体型も大きく変化!

3 min 136 views
ガーミン235J

昨年末に紹介したガーミンのGPS機能付きランニングウォッチ、ForeAthlete 235J(以下、ガーミン235J)ですが、購入してから5ヶ月が経過しました。

購入前からある程度のランニングは継続していたので三日坊主になることは心配していませんでしたが、実際に5ヶ月間継続して利用してみたところ、購入前と比較してランニングだけでなく健康管理に対して高いモチベーションが維持し続けられています。

2017年はフルマラソンに参加して完走するという目標を立てており、先日のランニングにて練習ではありますが初の42.195キロを走りきることができました。

42.195kmを走って(上の写真)、自己ベスト(下の写真)のマラソン欄に記録が表示された。※これまでマラソン欄のみ空白が続いていた^^;

今回、フルのランニングができたのは間違いなくガーミン235Jの影響が強いと感じていますので、この5ヶ月の使用感なども含めてお伝えします。

ガーミン235Jを購入して変わったこと

ライフログを意識できるようになった

ガーミン235Jを購入して私の中で大きく変化したことは、常日頃からトレーニング状態や健康状態を意識するようになったことが挙げられます。

ランニングを測定する為の腕時計ですが、ランニング測定以外にも、ステップ(万歩計)記録、睡眠の記録などが測定できる為、今日は何歩歩いたかなとか、今日は良い睡眠が取れているかなみたいな事を意識できるようになり、勝手に数値としてログが取られますのでそれをいつでも見れるようになりました。

ステップと睡眠の詳細

こちらがフルを走った日のステップ記録と睡眠の記録。フルマラソンの距離分が含まれている為かなりのステップ数になっていますが、普段は15,000〜20,000くらい。

睡眠ログでは深い眠りにつけた時間や途中で起きてしまった時間も測定できる。※どうやったら深い眠り量を増やせるのかを模索中。

心拍数

ガーミン235Jを腕に巻いておくだけで心拍数の測定ができます。

ランニング時はもちろん、日常生活をする上での心拍数も記録していってくれますので健康管理にも使えそうです。

平常時に現在の心拍数はいくつか?と閲覧することは少ないですが、ランニング時はチェックしながら走ったり、あえて負荷を与え心拍を上げたりすることがあります。

心拍数は腕時計側で常に把握することができ、GARMIN Connect(ガーミンのアプリ)と連動します。

こういったステップ数や睡眠、心拍数などのライフログはガーミン235Jを購入する前は全く意識していない事でした。

意識しないといけない事かと言われると意識しなくても生活はできますが、ライフログを管理するのってとても楽しいものです。

ランニング距離は購入前と比較して大幅アップ

こちら、ガーミン235Jを購入した後の月ごとのランニング距離のデータです。

2016年12月7日より記録をつけだして昨日まで(約5ヶ月で)921km走りました。※2017年に入ってからは705km。

私の中で2017年の走行距離の目標は1,800km(月平均150km)で立てておりまして、現時点では順調に走行距離を重ねられています。

ちなみに、2016年より前はガーミンではなくランタスティックでの記録ですが、2016年:865km、2015年:446kmですから、ガーミン235Jを購入後に相当の距離を走っている計算になります。

また、距離だけではなくスピードもこの5ヶ月で大幅にアップしていると感じております。

今回の42.195kmでは5:40/kmを切れませんでしたが、先日皇居ランにてハーフを走った際にハーフで1:44:42という自己記録が出ました。この記録は1kmあたり4:59のペースですので自分レベルではかなり走力がアップしたと実感できる走りでした。

皇居ランで出た個人的なハーフベストの記録。平均心拍数174bpmで1:44を走りきるのは結構大変。

また、長距離を走った後の疲労も以前と比べるとだいぶ楽になりましたので体力もついているのではと感じています。

充電が早い

私の場合、ガーミン235Jを充電するタイミングはお風呂に入っている時だけです。

朝、7〜10km程度のランニング(GPS使用)をした上で1日中腕に巻いていた状態でバッテーリーは大体70%前後残っているのですが、30分程度の充電で100%まで回復してくれます。

この充電の速さはライフログを測定する上で本当にありがたいですよね。

こちらの写真は、先日のフルランニングを行なった際の、走り始めた時と走り終わった時のバッテリー残量。
100%のフルバッテリー状態でスタートして、走り終わった時で58%のバッテリーが残っていました。4〜5時間程度のマラソンであれば全く問題のないバッテリー量です。

防水機能がありがたい

細かなことですが、ガーミン235Jは50m完全防水です。

水中で何かやるということは考えていませんが、腕に巻いたままシャワーを浴びたり、走り終わった後、汗で濡れてしまったガーミンを洗うといったことが問題なく可能。

最初、精密機器を洗うのは多少の抵抗がありましたが、最近では気にせずに洗っています。

体型が変わった

私がランニングを始めるきっかけとなったのは、好きなだけ食べたいけど痩せたいという難しい欲望からでした。

この欲望を満たすためには食べ多分以上にトレーニングを重ねれば良いという単純な考えのものとランニングを始めたのですが、ランニングを本格的に継続できたおかげで、この1年でしっかりと体型の変化も感じ取れました。

こちら健康診断の測定結果。

この1年で体重が73kgから68.6kgへ4.4kg減、ウエストも86cmから80.5cmへ5.5cm減となりました^^
体型が良い方向に変化したのは本当に嬉しいです。

※食事量は間食も含めて以前よりも大幅に増えて、エンゲル係数は上がりっ放し。

まとめ

私の場合、購入してからのこの5ヶ月間お風呂に入っている時以外全ての時間ガーミン235Jを腕に巻いていますが、大変優秀な相棒でなくてはならない存在になりました。

235Jを購入してから走力が日々成長していることが実感できていますし、フルマラソンの完走も見えてきたように感じます。

年内、さらに練習を重ねてフルマラソン完走+あわよくばサブ4を達成できたらと企んでおります。

2019年4月追記

ガーミン235Jを購入して2年半が経過し、5000km以上のランニングログを積み重ねてきました。

5000km走ってのレビューを上げていますのでご覧ください。

lifelog

フルマラソン3時間9分。サブ3を狙って毎月250〜300km走っている市民ランナーです。

カテゴリー:
関連記事