厚底シューズの最新モデル、ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% のメンバー会員向け発売日が決定しましたね!

ランニングシューズ

ナイキの厚底シューズ「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」の後継モデル「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」の正式な一般発売日程が決まりました。

2020年6月2日(火)9:00より、Nike.com_ランニング及び、NIKEアプリにて販売されるとのこと。

数量限定でナイキメンバー限定での発売となるようなので、購入を検討されている方は。事前にメンバー登録は済ませておきましょう。

ちなみに、前回2020年3月1日にも先行販売が行われましたが、その際は規程タイム内で完走した記録のある方だけが対象でした。
その時の規定タイムは男性:フルマラソン2時間50分以内、女性:フルマラソン3時間40分以内というかなり厳しいタイムでしたのでもちろん私は購入出来ずだったのですが、今回はメンバー会員向けということで当日9時に公式ショップをきちんとチェックできれば購入できそうです。

モデルナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%について

シューズの概要についてナイキの公式サイトより引用

2019年、オーストリアのウィーンで非公式ながら1:59:40のタイムを記録したエリウド・キプチョゲ。このランは、ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%の試作品を履いて成し遂げられた。この桁外れの記録は、2017年にフルマラソンの2時間の壁を破ろうとした挑戦から始まったNikeとエリウドのタッグの黄金期を体現するものとなった。エリウドの偉業は、自己ベストを打ち破り自分の限界を試し続ける世界最速のランナー達に影響を与えてきた。そしてついに、あのウィーンの肌寒い10月の朝に着用されたシューズがあなたのもとに。

前足部には反発力抜群の2つのZoom Airポッドを配置、カーボンファイバープレートを1枚、そしてかかとにはZoomXフォームをさらに追加した。このイノベーションと最新技術を搭載したトップクラスのレースシューズは、あらゆる記録や自己ベストを塗り替えるために開発された。

引用元:https://www.nike.com/jp/running/alphafly

さて、個人的なネクスト%との関わりは2019年9月MGCにてピンクのネクスト%が発売された時からでした。
ナイキ ズームX ヴェイパー フライ ネクスト% ピンクブラスト
自分自身、他のシューズとは全く異なる走行感に驚きましたし、様々なレースで記録を塗り替えて話題となりましたね。
様々な意見がありましたが、個人的には早く走れるだけでなく怪我をしづらい安全なシューズとしてこのシューズを高く評価していました。

このシューズに慣れてしまうと他のシューズでレースに出るイメージが持てなくなってしまうほど素晴らしいシューズでしたが、コロナの影響によりレースも無くなってしまい、最近はもっぱら練習用シューズとして履き続け、ついに走行距離700kmで寿命を迎えることになりました。

中のカーボンが出てくるほど劣化状態になっていても、他の保有しているシューズの中で最も楽に早く走れて疲れづらいのですから、その性能には驚かされます。


一般的にランニングシューズは新モデルが発表される前後で半額程度まで値が下がりますが、ネクスト%は全く値が下がっていません。

今回発売される、ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%は前のモデルよりもさらに機能強化されているとのこと。
お値段は税込み33,000円と相変わらず可愛くありませんが、購入する予定です。

楽しみです。

NIKE 公式オンラインストア_ランニング