アルファルライをシニアの普段履きにというコラムが流れてましたが絶対それはダメ!

2 min 620 views
アルファフライ

ナイキのアルファルライをシニアの普段履きにいかがですか?というコラムがYahooニュース(元は日刊ゲンダイ)に上がっていました。

ナイキの高性能ランシューズ…シニアの普段履きにいかが?【10歳若く見えるカジュアルの極意】

引用します。

ランニングシューズはふわふわしすぎて、足の筋力が衰えてきたシニアにとって「危険」という意見もあるが、いまどきのシニアは若い頃からスニーカーを履き慣れているので、最新のハイテクスニーカーでも抵抗はないだろう。ぜひ最高峰の散歩靴を手に入れてみてはいかがだろうか。

人が書いた記事に対してとやかく言うつもりはないのですが、流石にこの記事は雑すぎます。

ナイキの厚底シューズをトピックで取り上げればビューが稼げるのかもしれませんが、どんな人が見るか分からないインターネットニュースに寄稿されるなら責任を持って書いていただきたいですね。

しかもYahooニュースなんて日本でトップクラスで閲覧されているサイト。最低限、ライターが普段履きとして履いてみてから記事にしていただきたいです。

絶対に普段履きとして履いては駄目なシューズ!

アルファフライを保有している者として言わしてもらうと、絶対に普段履きとしてはアルファフライを履かないほうが良いです。

アルファフライはスピードを出して直線を走っているときはある程度安定しますが、基本的には安定感が低いシューズです。

普段ランナーとして走っている者でも、直線では上手く走れたとしてもカーブでは不安定で、変なアクションが入れば足を挫いてしまう可能性だってあります。

また走ることを前提として開発されているシューズですから、歩いたときの不安定さはこの上なく、普通に歩くだけでストレスたまるレベル。

シニアって何歳以上の事を話しているのか分かりませんが、高齢者の方が何も知らずに普段履きとして履いて歩いたら怪我してしまうことだってありますよ。

間違っても普段履きにアルファフライやヴェイパーなどのシューズを選ばないでください!

責任持って執筆いただきたいですね。

普段履きとしてランニングシューズを履くのであれば

ちなみに私はランニングシューズを普段履きとして履くことは賛成です。

長時間走っても疲れづらいように設計されているものが多いですから、そのランニングシューズを普段履きにすることで、普段の生活が本当に楽になります。

私自身も使い古したランニングシューズを普段履き用として使用してまして、個人的におすすめなのがOnのクラウドフローやクラウドが推しです。

Onを押す理由としては、一般的なベタなランニングシューズを普段履きで履いてしまうと、ちょっとデザイン的にかっこ悪いのですが、Onのシューズって普段履きでも合うんです。

600kmの走行を終えたOn CloudFlow

写真はOnのクラウドフローというシューズですが、600kmほど走ったあとは普段履きとして愛用されています。

ジーンズなどのコーディネイトにも抜群に合いますし、とにかく歩くのが楽になるので重宝します。

また、Onの中でも純粋なクラウドはゴムの靴紐の工夫で履きやすくなっています。

on cloud
On Cloud

このゴム製の靴紐のおかげで、ラフに靴を履いたり脱いだりするのも本当に楽。

最近はランニングをしない妻がクラウドを履き始めたのですが、Onの歩きやすさと履きやすさに感動して、周囲の知人にも推していました。笑

まとめ

何はともあれ、ランニングシューズを普段履きとして履くこと自体はお勧めしますが、クッション性の高すぎるシューズは怪我にもつながってしまいます。

そういった事を理解していただいた上で、記事は書いていただきたいですね。

lifelog

フルマラソン3時間9分。サブ3を狙って毎月250〜300km走っている市民ランナーです。

カテゴリー:
関連記事